ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの公立学校の質
仕事をはじめて(今年2月)からずっと取り込んでいた学力調査の結果がようやく出た。先行研究や20人ぐらいの予備調査で予想をしていたのだが、ネパールの公立学校の質の低さが明らかになった。ネパールと言ってもプロジェクト地域、西ネパールの二郡三村落開発委員会(VDC)だけなので一般化はできない。ただ、全国的な先行研究の結果から見れば一般化しても差し支えないとも思う。

調査人数:2888人
調査方法:第一学年のカリキュラム(ネパール語・算数)に基づき、第2学年と3学年の児童を相手に「自宅訪問」調査(ちなみに、予備調査を私自身が行ったのだが、外部の者に対して子どもたちが警戒したり、恥ずかしがってベストの状態で調査実施できないことが判明したので、本調査では23名の現地若者を雇用して実施。また第一学年を基礎としたのは第一学年は土台であり、児童が第一学年で取得すべき読み書き計算の基礎をなしに、上の学年にはついていけない。)

結果;
・第二学年の児童が第一学年のカリキュラムの平均18.24%(ネパール語)と28.95%(算数)しか理解していない。もう少し具体的に書くと、ネパール語子音を全部読めたのは7.79%、母音となればさらに減って2.92%、マトラ(子音を母音にする記号)はわずか0.89%、合成文字1.22%、二・三行のパラグラフを全部読めたのは1.54%。
算数に関しては、数字を認識してネパール語にかけるのは1.62%、ネパール語から数字に書けるのは2.84%。興味深いのはネパール数字を英数字にできるのが24.41%もいた。単純な足し算をできたのは7.14%、引き算は6%。掛け算をできたのはわずか2.27%。

・第三学年の児童が第一学年のカリキュラムの平均35.4%(ネパール語)と43.32%(算数)しか理解していない。もう少し具体的に、ネパール語の子音を全部読めたのは19.94%、母音は7.09%、マトラ6.36%、合成文字6.43%、パラグラフは7.52%。
算数では、数字をネパール語に書けるのは7.23%、ネパール語を数字に書けるのは5.33%、ネパール数字を英数字に変えられるのは44.12%、足し算できるのは18.19%、引き算は14.61%、掛け算は10.66%。

この結果からわかるように調査された公立学校の児童の大多数は何も学習せず学年を上昇している。というのも、ネパールは日本のように自動進級制度を導入しており、留年する学生を少なくしている(自動進級制度なのにどうしてもダメな児童を留年しているという矛盾)。第一学年で習得しておくべき、読み書き計算をできずに第二・第三学年またその後になってもそのフォローがない。結果、そのような児童はずっと読み書き計算の能力が低いままということである。実際、雇用した現地若者にもそのような低学力問題がみられた。もう一つは、基礎的な読み書き計算ができなければ児童にとって学校は苦痛の場であり、子どもは学校を去っていく(中退)。

算数でもネパール語が関わってきており、ネパール語と数字の変換できなくても足し算・引き算をできるのは少し多いよう。というのもプロジェクト地域では人口の大部分がタル民族でネパール語を母語としない。ネパール語での学習には困難がありそう(このことに関する統計分析はこれから)。言語関連で言えば、面白いのは英数字の認識度が高いことが興味深い。つまり、母語に重点をおかず、公立学校・コミュニティが英数字・英語に重点を置いているというのがわかる。

この結果を導いているのは家族、教員、学校などの統合的な要因であるが、統計的に何か言えるようにするのが今後の予定。これにもう少し時間かかりそうだが、今後はこの調査を全国的に公開してネパールの公教育の質について警鐘をならしていく。

いかんせん、こんな現状であるのに現場の教員、学校、I/NGOスタッフ、役員などの暢気さには呆れている。


スポンサーサイト
NGO事情
仕事に100%打ち込んでいる今日この頃、ふと疑問が浮かぶ。
「自分たちだけがこのプロジェクトを成功させようとしているのか!?」

ネパールでは基本的に国際援助機関が直接現場では働けない。
地元のNGOと協同してプロジェクトをやるのが政府の政策。
特に現場レベルでのプロジェクト実施は現地NGOがやる。
(まぁ、学校を組織とみなし直接介入している国際機関もあるけど、
政府がもう少し厳しく政策実施すればこれらはアウトのはず)

で、これら現地NGOの実態と言えば、前回の投稿でも若干触れたように
まったくの非専門組織。全ての現地NGOはそうでもないが、
教育分野では専門的な組織は数が知れている。
企画から報告まで全てを形式をこちらから提供してもなかなか期限内に
動いてくれないし、言ったことしかやらない。
こちらから提供する情報・形式から学ぶ意欲もないし、
ただ口がデカい。
(まぁ、書きたいことはかなりあるのだが、ただの悪口になってしまうし、
狭いネパールなのでここまでにしときます。)
通りで、ネパールの教育はいつになっても良くならない。

いっそう自分たちでしっかりしたローカルNGOを設立したほうが
様々なことを効果的にできる。
挑戦的なことだが、やってみる価値あると思う今日この頃。


葛藤
気が付けば三か月もブログを放置していた。
自分のブログだけではなく、他人のブログの閲覧もあまりしていない。
久しぶりによくみているネパール関連のブログのいくつかをみてみたら
あまり更新されなくなったことに気付いた。
まぁ、働きだしてからブログに費やす時間よりゆっくりする時間が欲しい。
というわけで、ブログもTwitterもいみいち使っていない。
もう一つネパールらしい停電とネットが遅いという事情もあるのだが、
どうしても書きたい人はそのような阻害要因も乗り越えるだろうけど
そこまでして更新する理由もない。

それでも10年間日本語環境にいたわけで無償に日本語媒体で自分が考えていることを発信したり、
日本的な感覚とネパール的な感覚の葛藤を書きだしたいわけだ。
帰国して約1年半、だいぶネパール感覚がついてきたんだが、
どうもネパール的働き方や考え方を前に「日本だったら」と考えてしまう時がある。
もちろん、その「日本だったら」が必ずしも正しくないわけだし、
ネパールにはネパールらしいやり方があるし、もちろんそれを改善しなければいけない状況もある。

仕事をあまりにも非専門的に捉えている相手、しかし抱えている業務の壮大な野望。
正規の仕事を初めて約半年、このような葛藤をずっと抱いて仕事をやってきた。

幸い、職場のチームが協力して学び合えるところなので、その野望を果たせそうな気もする。
でもやはり何かが腑に落ちない。
なぜ変わろうとしない非専門的な相手を専門家に「育て」なければいけないのか。
そんな育成は可能なのだろうか疑問なのである。

「教育」はだれでも受けて育ったものなので、誰でも自分をそれの「専門家」に簡単になれると思っている。
特に、日本の謙遜文化で10年間教育を受けた私がいくら「博士」をとったとしても
さすがに人を教え育てる「教育」の「専門家だ」とはいい出せない。
しかし、ネパールの学校現場で働いている人間、誰もが簡単に教育の専門家と言い張る。
「就学率」「修了率」などが何で何を意味するかと言えないヤツまでもがだ。
しかも問題がこの定義や概念をわからないだけの問題ではない。
こういうものは単純な訓練で分かってもらえることだが、
「教育」をなぜするのか、どのような方法でするのか「自問自答」するレベルがあると個人的に思っている。
さらに、その自問自答を理論的に正当化して、それを行動に移すレベルがある。

このような様々なレベルに多少他人の助けを得ても良いわけだが、基本的に「自問自答」レベルにも辿りつかない人間がほとんどなので「行動の変化」には程遠い。単純に、「収入」のための仕事としてしか思っていないし、学校・教室で変化をもたらせようとはまったく考えていない「専門家」が現場で多すぎる。この行動変容に繋がらない理由として現場の多忙や組織の固まった体制があるのかもしれない。(学問的に研究してみるのも面白そうだが)
でもこのような状況で言えることは、教育開発の中心に「子ども」がいない、見えないということだけは確実だ。

バンダに慣れる!?
新憲法制定の期限まであと約3週間。
毎年のことですが、この期限が迫ると各民族組織や政党が自分の要求を突き付けて全国ストライク(バンダ)なり、一部地域でのストライキを実施している。

今年は最高裁がすでに憲法制定の期限を延長できないという判決をだしているので
政党はがっけっぷち!すでに4年かかっているのだが、未だ草案もできていない状態。
どのように連邦州を制定するのか大いにもめている。
それもそのはず、「民族」州にするというエジェンダをマオイストを筆頭に様々な政党が提案していて、
もう手のつけようがない状態。
最大14州になる見込みだが、どう考えても100近くいる全民族を満足させることは不可能。
各民族が自分の自治州を求めて期限間近に抑圧をかけるためにバンダをするのだ!
要求通りさせるためのバンダなのか、それとも邪魔をするためのバンダなのか、よくわからない状態だが。。。

こんな政治の混乱に巻き込まれるのは国民。
政治的抑圧のためのバンダとはいえ、交通規制がかかるし、店も閉まり、日常生活も不便。

特に私みたいに、バイクで30分もかけて会社に通っている人には歩いていくしか手段がない。
幸い、うちの会社はバンダの際は自宅待機となるが、結局、仕事は持越し。
しかも、プロジェクトを実施しているのは西テライ。
タル民族による自主州要求・一つのタライ州反対のため度々バンダを実施しているので
カトマンズがバンダではなくても西テライがバンダというのがよくある。
結果、仕事がなかなか捗らないとはいえず、黙々とできることを進めるしかない(苦笑)。

ちなみに、今私がもっている情報では次の2週間で西テライがバンダではないのは7日と8日のみ。
その7日に西テライに向かいなんとかバンダ中でも仕事を終わらせてきます!!(苦笑)
ネパールにはバンダに慣れる、うまくくり抜けるしか仕事をする方法はないのだ。
復活
この5か月ブログとTWITTERから完全に離れていました。
というのも、ネパールに帰国して最初の半年は仕事らしい仕事がなかったのですが、
その後が怒涛の仕事ラッシュでヘロヘロな状態です。

現在は某INGOで研究・評価担当をしていますが、
過去5か月はこれと同時に某開発銀行でコンサルと
某国による教育分野の評価レポートに関わっていました。
やはり勉強した分の仕事はネパールにもあると感じる日々です。

西ネパールでプロジェクトしているのでこれからは主に
そちらでの学力調査を中心に研究等に関わっていくことになりそうです。
日本語を使う機会があまりないので、
気が向くときに引き続きブログ・TWITTERを通してネパール情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。