ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダに慣れる!?
新憲法制定の期限まであと約3週間。
毎年のことですが、この期限が迫ると各民族組織や政党が自分の要求を突き付けて全国ストライク(バンダ)なり、一部地域でのストライキを実施している。

今年は最高裁がすでに憲法制定の期限を延長できないという判決をだしているので
政党はがっけっぷち!すでに4年かかっているのだが、未だ草案もできていない状態。
どのように連邦州を制定するのか大いにもめている。
それもそのはず、「民族」州にするというエジェンダをマオイストを筆頭に様々な政党が提案していて、
もう手のつけようがない状態。
最大14州になる見込みだが、どう考えても100近くいる全民族を満足させることは不可能。
各民族が自分の自治州を求めて期限間近に抑圧をかけるためにバンダをするのだ!
要求通りさせるためのバンダなのか、それとも邪魔をするためのバンダなのか、よくわからない状態だが。。。

こんな政治の混乱に巻き込まれるのは国民。
政治的抑圧のためのバンダとはいえ、交通規制がかかるし、店も閉まり、日常生活も不便。

特に私みたいに、バイクで30分もかけて会社に通っている人には歩いていくしか手段がない。
幸い、うちの会社はバンダの際は自宅待機となるが、結局、仕事は持越し。
しかも、プロジェクトを実施しているのは西テライ。
タル民族による自主州要求・一つのタライ州反対のため度々バンダを実施しているので
カトマンズがバンダではなくても西テライがバンダというのがよくある。
結果、仕事がなかなか捗らないとはいえず、黙々とできることを進めるしかない(苦笑)。

ちなみに、今私がもっている情報では次の2週間で西テライがバンダではないのは7日と8日のみ。
その7日に西テライに向かいなんとかバンダ中でも仕事を終わらせてきます!!(苦笑)
ネパールにはバンダに慣れる、うまくくり抜けるしか仕事をする方法はないのだ。
スポンサーサイト
「明日」は来ない
帰国して半年が経過。正規の仕事がみつからず、色々やっているのだがやはり日本の感覚が抜けずにいる。というのは、日本ではお金を払えばサービスが得られるということが「保障」されていたし、お金のやりとりがなくても期日が守られるという前提で物事が進んでいる。

しかし、ネパールではこのように「当たり前」と思うようなことが当たり前ではない。あることを確認するためにある人を毎日のように電話しているのだが、「明日」と言われ続け一週間が経過。毎日電話をし、その「明日」の言い訳、「忘れた」「忙しい」「まだ仲間と話せてない」などなどを聞いて、毎日電話をかけているこっちの方が恥ずかしい。ここでは書けないが、お互い利益になるようなことなのだが、なんでここまで時間をかけているのか理解不能。別に、一人でできないようなことでもないが、相互向上の精神はネパールでは不要らしい。

上記はまだ金銭のやりとり以前の信頼関係の問題だが、金銭のやり取りがある時のほうがもっと腹立たしい。というのは、金銭を払って「良い」商品・サービスが得られるというのは夢のまた夢かも!結構な金額を払っても、やってくれる仕事が超テキトウ!「職人」には「専門職」の自覚がない。無駄なプライドだけが高い。だからネパールでは良い商品・サービスが得られないのは「顧客」の「検品」・「管理」が不足という感覚があるのかもしれない。先日、大工さんにいくつかの商品をつくってもらったのだが、サイズがめちゃくちゃだし、色塗りも一回しかされているので疎ら。しかも、こちらは商品の代価を滞らせちゃいけないという感覚でだいたいのお金を商品をちゃんと検品せずに先払い。。。そうしたら残りの商品がなかなか届かない。大工さんも祭だの、忙しいだので一か月近く商品のデリバリーせず。もうしょうがないので、自分たちでバイクでデッカイ荷物を運ぶ始末。

マジメな人には厳しいネパール社会である。
ダサインに異変!?
11年ぶりに凧を揚げて手の甲が筋肉痛だ。昨日はダサインでメインの日(ダサミ)なので、一番年配の祖母(92歳)宅でティカをもらって祝った。ついでに、叔父や従兄弟たちと凧を揚げたのだった。凧を揚げている家庭が減ったものの、昨日は一定の数はあった。以前より楽しくなくなったもののやはり凧揚げは楽しい。

11年ぶりのダサインで驚いたのは、年配の方が自分より子どもたちに「お金」(ダッチナ)を配っていたこと。従来、ネワール族ではダッチナを配る風習はない。むしろ、ティカをつけてもらった代わりに、お坊さんとかにダッチナを渡す。民族によって、ダッチナを配る民族もあるが、ネパール全体としてダサインの標準化(?)となってきているのか!?しかし、これはどうも喜ばしい風習とは思えない。というのも、大人たちはダッチナの額を競って見栄を張っているのにしか思えなかったからだ。まぁ、このような風習以前にダサインは見栄張りの祭とも言われている。

カトマンズのダサインの祝い方を見ているとネパールを誰が途上国と言うのだろうか。

凧揚げの風景、凧はチラホラしかみえない
kite.jpg

こちらがネワール族のティカ
Dipu_11_10_06_75.jpg

なにはともあれハッピー・ダサイン!
Dipu_11_10_06_81.jpg


つまらなくなったダサイン!?
11年ぶりのネパール最大のお祭、ダサイン。しかし、期待していた分、私にとっては久しぶりのダサインはつまらない。まだダサイン途中で、本格的に始まったのは本日からなのだがこの調子ではあまり期待できない・・・

どうしても自分が最後に祝ったダサインと比較してしまう。といいつつも、記憶があやふや。ただ、ダサインの代名詞であった凧揚げがまったくというほど今年はみられていないし、親戚で集まることも無さそう、おいしい物を食べるという子どもの楽しみは胃もたれ・食べ過ぎで苦しいだけになった。


ネパールの凧揚げはケンカ凧。相手の凧を落とすのが目的で、日本のように凧揚げて観賞するのとはちょっと違う。子どもの時は、ダサインが始まる前から学校をさぼってまで凧を揚げたり、ケンカで負けた(切られた)凧が自分の屋根に舞い降りてこないかとワクワクして一日屋根で待っていたもの。このような負け凧や一緒についてきた糸を新しく凧・糸を買えない子どもが再利用して地味にあげたり・・・とにかく、子どもは肌が真っ黒になるほど凧あげに熱中するのが私の子ども「時代」だった。
それが、今年はダサインが正式に始まって七日目の今日でも凧が空に見えない。恐らく、ダサインに入っても止まない豪雨のせいでもあるだろう。しかし、ずっとネパールに住んでいる友達に聞くと、確かに凧揚げは最近はしなくなった。
主に、高校までの年齢が凧を揚げることが多かったのだが、とにかく今の子どもは学校教育で忙しい。特に、私立教育が大部分を占めているカトマンズ盆地では、子どもへの管理や宿題が厳しい。精神的・体力的成長を考えて伝統的な凧揚げの重要性を分かっている学校は皆無に近い。凧揚げでも、その原理なり、待つ習慣、動体視力など、かなりためになることが多いと思うのだが、このような利点を考えて凧揚げの宿題を与えるよりも教科書重点のネパールの教育である。まぁ、宿題なんかまったく気にしていなっかた私だったが。笑
凧揚げの減少については、なんも学校教育だけが影響しているというわけでもない。別に一日暑いなかにいるよりも、涼しい部屋で漫画やゲームができる「箱」があるので、それに集中する子どもも多いと思う。確か、近くのゲーセンが満席だった。
大人は凧揚げより、賭け事のトランプや友達との集まりが楽しい。笑
さらにいえば、凧・糸の高騰や、以前のように高い建造物が少ない時はともかく、現在の混在した住宅事情のカトマンズ盆地では凧揚げも一苦労。なんだか様々な要因が凧揚げの減少に影響しているようだ。


親戚で集まることも民族によっては、結構違う。私の民族では、以前までは年配の方のうちでダサイン吉日にティカ(一般的には赤いが、ネワールの場合は黒)をもらう習慣があったが、集まる親戚の数が多く、年配のいる一家への負担が大きいので、デワーリの日にだけ親戚一同で集まるという年一回の行事に移行している。まぁ、11年ぶりだとなかなか話すこともなく、退屈だったりする。
しかし、近いところの叔父さんだったり、妻の実家から呼ばれたりしてそういう集いにはいかなければいけない。子どもの時は、おいしい物も食べられるし、友達とかもたくさんいたので楽しかったりしたのだが、今となればドーカンと出てくるご馳走を食べるのは一苦労。しかも、呼ばれる日が重なれば大変!!行かなければ怒られるし、行ったら胃袋がはち切れそうに食べなければならない。

さて、どうなるか残りのダサイン・・・

わかっているけどやめられない!
約1ヶ月前から報道が過熱しているネパールの「食品の安全」問題が冷めようとしている。度々、大手メーカーのジュースなどで虫が見つかったりしていたが、今回は有名スイーツ店などで伝統菓子が虫塗れだったり、腐った材料を使っていたり、汚水を入れたりしているのをテレビで放映され、社会にかなりのインパクトを与えた。これがバッタライ首相の影響かどうかは不明だが、このような監査はずっと前から続けられている。メディアでここまで取り上げられるのは初めてである。

監査された店の9割以上がアウト。今やスイーツから肉、牛乳、野菜。。。ありとあらゆる物が不衛生、健康に害する添加物などが加えられていることが判明している。ここまでわかれば、もう外では何も食べられない状況。テレビでの放映も「またか!」で終わり、「石でも消化してしまう、我らネパール人。(笑)」で話が終わり。監査後、服役を科されることもなく、小額の罰金(もしくは賄賂)で話が片付いてしまう。もちろん、しばらくは店を開けることはできないだろうけど。

しかし、結局このようなことは忘れ去られていく。実際、過去に問題となった大手のジュースも一時期問題になったけど、最近はまた売り上げを伸ばしている。今問題となっているスイーツだって、以前から他のスイーツ店から売れ残ったスイーツを譲り受けているという噂がたっていた。肉だって、テレビで見せられた以上の不衛生な実態が近所の肉屋さんでみている。野菜だって、売りに来る人達が食べないぐらい農薬塗れということも知られている。

それでも、人間は「舌」に弱い。「おいしい」もののために、見ないふりをしてどんなものでも食べちゃう。そして、売る側はお金を稼ぐため、「自分が食べなければ良い」と汚水でも汚物でも混ぜて「おいしい」ものを作る。
人間の「欲」があるから需要までもつくってしまう人間社会であり、カネが全ての拝金社会なので他人の健康など考えずに自分の利益を追求している。

はたまた、我々は自分の教育の中で伝統的な価値・道徳を軽視してきているのかもしれない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。