ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛藤
気が付けば三か月もブログを放置していた。
自分のブログだけではなく、他人のブログの閲覧もあまりしていない。
久しぶりによくみているネパール関連のブログのいくつかをみてみたら
あまり更新されなくなったことに気付いた。
まぁ、働きだしてからブログに費やす時間よりゆっくりする時間が欲しい。
というわけで、ブログもTwitterもいみいち使っていない。
もう一つネパールらしい停電とネットが遅いという事情もあるのだが、
どうしても書きたい人はそのような阻害要因も乗り越えるだろうけど
そこまでして更新する理由もない。

それでも10年間日本語環境にいたわけで無償に日本語媒体で自分が考えていることを発信したり、
日本的な感覚とネパール的な感覚の葛藤を書きだしたいわけだ。
帰国して約1年半、だいぶネパール感覚がついてきたんだが、
どうもネパール的働き方や考え方を前に「日本だったら」と考えてしまう時がある。
もちろん、その「日本だったら」が必ずしも正しくないわけだし、
ネパールにはネパールらしいやり方があるし、もちろんそれを改善しなければいけない状況もある。

仕事をあまりにも非専門的に捉えている相手、しかし抱えている業務の壮大な野望。
正規の仕事を初めて約半年、このような葛藤をずっと抱いて仕事をやってきた。

幸い、職場のチームが協力して学び合えるところなので、その野望を果たせそうな気もする。
でもやはり何かが腑に落ちない。
なぜ変わろうとしない非専門的な相手を専門家に「育て」なければいけないのか。
そんな育成は可能なのだろうか疑問なのである。

「教育」はだれでも受けて育ったものなので、誰でも自分をそれの「専門家」に簡単になれると思っている。
特に、日本の謙遜文化で10年間教育を受けた私がいくら「博士」をとったとしても
さすがに人を教え育てる「教育」の「専門家だ」とはいい出せない。
しかし、ネパールの学校現場で働いている人間、誰もが簡単に教育の専門家と言い張る。
「就学率」「修了率」などが何で何を意味するかと言えないヤツまでもがだ。
しかも問題がこの定義や概念をわからないだけの問題ではない。
こういうものは単純な訓練で分かってもらえることだが、
「教育」をなぜするのか、どのような方法でするのか「自問自答」するレベルがあると個人的に思っている。
さらに、その自問自答を理論的に正当化して、それを行動に移すレベルがある。

このような様々なレベルに多少他人の助けを得ても良いわけだが、基本的に「自問自答」レベルにも辿りつかない人間がほとんどなので「行動の変化」には程遠い。単純に、「収入」のための仕事としてしか思っていないし、学校・教室で変化をもたらせようとはまったく考えていない「専門家」が現場で多すぎる。この行動変容に繋がらない理由として現場の多忙や組織の固まった体制があるのかもしれない。(学問的に研究してみるのも面白そうだが)
でもこのような状況で言えることは、教育開発の中心に「子ども」がいない、見えないということだけは確実だ。

スポンサーサイト
復活
この5か月ブログとTWITTERから完全に離れていました。
というのも、ネパールに帰国して最初の半年は仕事らしい仕事がなかったのですが、
その後が怒涛の仕事ラッシュでヘロヘロな状態です。

現在は某INGOで研究・評価担当をしていますが、
過去5か月はこれと同時に某開発銀行でコンサルと
某国による教育分野の評価レポートに関わっていました。
やはり勉強した分の仕事はネパールにもあると感じる日々です。

西ネパールでプロジェクトしているのでこれからは主に
そちらでの学力調査を中心に研究等に関わっていくことになりそうです。
日本語を使う機会があまりないので、
気が向くときに引き続きブログ・TWITTERを通してネパール情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願いします。


ポジティブ
時間の有効活用のためいろいろ始めている。先週から趣味のデジカメの基礎コースに行きはじめた。なかなか面白く、しかも熱心な先生方(若い世代でSNSでかなり人気を始めている組織)で本来の2時間の講座が余裕で3時間超える。7回の講座のうち4回終わって、一眼レフのマニュアル操作ができるようになってきた。しかし、まだまだ「写真」の奥が深い。残り3回でどんなことが学べるか楽しみ。
夕方の仏教コースが徐々にコースに入ってきているのだが、ネパール流に時間割通りに始まらないことには苦笑いしかできない状況。内容は面白いので別に時間割通りにならないことは大目にみるしかない。笑
こんなわけでブログやツイッターはあまり更新できずにいる。まぁ、仕事でいろいろやっているのもあるのだが。。。さらに、ようやく仕事らしい仕事(?)が決まったので、また具体的なことが決まったら報告する。

ネパール政治の方はなんだか、最近の兆候としてはかなりポジティブではないかと感じる。新聞で以前のようなネガティブなニュースよりも野党からの支持的(?)な声明がよく載っているし、バッタライ首相を褒め称える記事が多い気がする。もちろん、不安材料も存在する。マオイスト内の原理主義者は和平プロセスで人民軍駐屯地の武器庫のカギを政府に引き渡した(一部)ことに協力的ではない。それでも今回の政権で和平プロセスを終わらせる勢いがあるのは確かだ。

以上、私個人の近況を含め、ちょっとした政情。
帰国して4か月
帰国して4か月。時間が過ぎるのも早いものだ。定職はないものの、日本語教師や研究(あまり進んでないが)の副業、お祭りや育児で忙しい日々。4か月の成果と言えば、勉強してきた自主研修について雑誌に書いたり、日ネ教員交流ツアーを通して少しでもネパールの教員たちへ新たな可能性を示せたこと。

今後の就活のために、こちらの国立大学から10年間の日本生活で修得した日本の学位を認定してもらえるように手続きを進めようと思っているがなかなか進まない。まず書類を揃えるのが大変。この認定手続きを気にして日本から様々な書類を入手してきたのだが、もしかして足りない!?という状況。さらに、大学が政治的な理由で閉鎖されているため手続きが始められない。これが来月になればダサイン祭が始まりまた進まない。手続きが進んだとしても平気で3・4か月かかるという。認定がされないまで公務員などの仕事に応募できない。。。なんだか完全にネパールペース。このままではこの先少なくとも1年は無職!?

まぁ、様々なことを学び直す・新たに学ぶ期間として活用していきたいと思う。
書くことは色々あるのだが・・・
書くことは色々とあるのだが、
まとまった時間をパソコンに向かうことができていない。
おかげで、思っていたよりブログを書くことにできていないのは
当たり前だが、コメントやメールの返信ができていないので
申し訳ない。
ニュースなどを携帯を使って呟こうと思って、
頑張っていいものを購入したのだが、
ソフトのダウンロードの手順+値段が不明で
やっていない。

近況だが、バイクの運転を習っている。
なくてもなんとなくやっていけるのだが、
父があまり乗らないのでタダでもらえるし、
運転できたほうが助かることが多い。

朝から友人が来て、公道で普通に走っている。
まぁ、人通りが少ないところで友人を後ろに
乗せてだが。(笑)
日本だったらこんな習い方がありえないだろうが、
ここでは普通。
しかも、とにかくうるさくホーンを鳴らすのは当たり前、
大型車両と「競争」のごとく
自分の通る道を獲得しなければいけないと
友人が教えてくれている。(笑)
まぁ、レッスンはあと1か月弱は続きそうなので、
ある程度経験を積んでから免許を取ることになっているのでご安心を。

昼間は、とにかくいろんな人と会うようにしている。
教育関係の人たちもそうだが、
昔からの友人や親せき・・・
10年間でいろいろ変わったものと
変わらなかったものを発見するのは
楽しいものである。

まぁ、仕事らしい仕事はまだ見つかっていないが、
論文や雑誌記事を依頼されたり、
論文の発表会が決まったりして、
少しずつ忙しさが増している。
明後日からは、雨乞いの祭りも始まり、
親せき宅でご馳走を食べまわる日も始まる。
すでに、お腹はネパール流になりつつある。苦笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。