ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑音:祝い音
雑音について昨日書いたが、
ネパールではこのような祝い音がよく聞く。
「このような」と言っても、ここでは音ではなく写真を通して
紹介したい。

これは、男子の通過儀礼と老夫婦の喜寿祝い。

親戚中が喜寿祝いの行列に参加。住んでいる地域を周る。
janku1.jpg

喜寿の老夫婦を神輿に担ぐ。
janku2.jpg

行列は前、後ろには音楽隊。かなり盛大。
janku3.jpg

民族衣装をまとった女性。
janku4.jpg

ついでに、男子の通過儀礼。
janku5.jpg

音楽隊。皆近所の人。たぶん講集団。
janku6.jpg

日本映画Death NoteのTシャツがなぜかネパールでは人気。
janku7.jpg

伝統楽器をたたく男性。
janku8.jpg

神輿に担がれて、幸せそうなお婆さん。
janku9.jpg

スポンサーサイト
祭りの季節
土曜日から雨乞い祭りが始まった。
(この祭りについては前ブログで書いたことがあるのでコチラを参照)
毎日ご馳走が続き、
完全に胃腸がやられてしまった。
今日も呼ばれているが、
さすがにギブアップ。
地域によって、祭りの日が違うこのお祭りでは
私みたいに4日連続ご馳走食べたりするのが普通。
自分の親せきはともかく、
妻の実家にまで呼ばれたりする。
しかも、妻の実家では特別扱いされ、
脂っぽいもの一杯で接待を受け、
さらに胃腸へのダメージを食らう。

以下、この祭りの写真を堪能して下さい。
m1.jpg
こちらは骨組み

m3.jpg
完成真近

m5.jpg
神様を山車に入れる儀式

m6.jpg
神様:ラート・マッチェンドラナート

m7.jpg
子どもも真似て遊ぶ

m8.jpg
電線に引っかからないよう電線を外す

m11.jpg
歌ったり踊ったり

m13.jpg
引っ張って待ち中を巡る

m14.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。