ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価高でやられた・・・
帰国してから一か月。
娘が11か月となった。
ネパールの埃や排ガスでずっと風邪ぎみだが、
それ以外はお陰様で順調に育っている。

日本で10か月育ててきたので、
日本のような「紙おむつ」による子育てにしている。
今更、ネパール式の布おむつに移行するのも大変なので
そのままネパールでも「紙おむつ」にしている。
しかし、ネパールの物価高には完全に参った。

基本的に都心部では必要な「物」はなんでも買えるのだが、
値段が日本並みいや日本より高価である。

今一番品質も良くて、値段も割とやすいPampersにしているのだが、
テープ式の38枚で約600ルピー。
日本でさえ、54枚で約1200円だったので、
日本の値段と変わらない。
おしりふきはもっと高く、
100枚で100ルピー。
日本では80枚三つ入りで約200円と日本のほうが安い!!

こちらの都心部の平均給与は、約1万ルピー。
高価な紙おむつだが、
それでも都心部では多くの親は
最近ネパール式の布おむつではなく
紙おむつを使う傾向になっている。
こちらの皆さんどこからお金をもってくるのか不思議で仕方ない。笑

とりあえず、うちは早めに「自力」にする方向で移行しなければならないと思っている。笑

reina.jpg


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。