ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスタライ・ビスタライ
帰国して1か月弱。
怠惰な生活が始まりつつあり、なんだか完全にネパール・ペースに
生活が進んできた。

日本にいる頃は、なんだかんだいつもせかせかしていたものだが、
ネパール生活ペースはなんでもゆっくり。
ビスタライ・ビスタライである。

これでも皆忙しそうにしているが、
役所にいけば、ネットがあるところは堂々と
FACEBOOK(SNS)しているし、
ネットがなくてもゆっくり新聞を読みながら雑談をしているのが
普通。
私営のところは、そこまででもないが、
日本では考えられないほどサボっているだろうと
言いたい時もある。
だから、今日できるところも明日。
明日できることも来週である。

先週ようやく銀行口座を開設し、
漸くカードと小切手を入手。
一週間待たされてもできていないことを
責めるとそそくさと目の前で作ってくれました。
すぐにできる仕事なのに、一週間も待たされたのか・・・
まぁ、このような銀行だけではなく
サービス向上に必死に頑張っているところもあり、
一日で小切手を発行してくれるところもある。
名前入りのカードはさすがに時間がかかる。

就職の面接を受けたところも未だ返信なし。
まぁ、間接的にだが、「貴団体がやっていることは間違いです。」という
相手を雇うところはなかなかないだろう。苦笑
自分がやりたいことができそうなポストだったので
応募したのだが、ちょっと言い過ぎたかもしれない。笑

一応、ほとんど金にならない研究と雑誌投稿の副業を二つ抱えているのだが、
こちらも完全にネパール・ペースでビスタライ×2というのも困ったものだ。
編集者が忙しいのか、雑誌の方は二週間近く経つのに
返信がないので、電話してみたらポカラに行っているとのこと。
何か私に支持を与えていけば、こっちの仕事が進むのに。

あ、ビスタライビスタライな生活・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。