ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝からケンカとゴミ問題
早朝5時から外で争う声が聞こえ、目が覚めた。
なんのことがさっぱりわからなかったのだが、
よくよく聞くとゴミのことでケンカしていることが判明。

ネパールでは、早朝から家をキレイにするのが日課。
家中にほうきをかけ、ゴミを家から出す。
その出したゴミを集めゴミ袋にきちんと処理するのが
一般常識なのだが、そのゴミを蹴っ飛ばして散らかした輩がいたらしくて
家主が近くのおばはんがその犯人だと朝から罵倒しているのだった。
おばはんもその二倍の勢いで罵倒返し。
30分ぐらいは続いたかなぁ・・・
男同士だったら殴り合いになってたかも知れないが、
女・男だったので罵倒で済んだ。
しかし、かなりの近所迷惑。
おかげで、二度寝をしてしまい、起きるのが普段より遅かった。

さて、以前から思っていたのだが、ネパールではゴミ問題が深刻。
例えば、ゴミが街角で積まれていたり、
路上で普通に散らかっていたり。
しかし、ここにも書いたように
ネパールでは朝から家をキレイにするのが一般的。
しかも、かなりのリサイクル社会だと思う。
例えば、新聞紙、鉄くずやプラスチック系のゴミを回収しに来る業者が存在する。
この間も家にあった、これらのゴミを売って、野菜や現金収入を得た。
なのに、ゴミ問題が存在する背景には、
行政能力の不備(廃棄処理場や回収車の問題)があるのはもちろんだが、
ケンカの原因にもなった「自分の家だけキレイになれば良い」という自己中心的な考え方が存在する。
日課のほうき掛けの際も基本的には、一家内だけする人がほとんど。
少し範囲を広げて、近くを掃除する人はすくない。
路地の掃除のために、地域改善組織で人が雇われているが、
朝ほうき掛けしていっても昼までにはゴミが散らかっている状態。
また、毎朝定時にゴミ回収車が来るのに、
それを待たずに夜暗闇の中で、路上で捨てる輩もいる。
(最近は罰金で厳しく取り締まっている地区もある。)

社会教育を通して、このような行動をやめるよう徹底すべきなのだが、
人の行動はそう簡単に変わらない。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。