ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立教育の弊害
まったくもってネパール語で文書を書くことを億劫に感じるのが最近の私の悩みである。
いや、私だけではなく、私立学校で勉強した多くの人びとの悩みと言っていい。
私立学校出身なので、交友関係も私立学校卒の人と多いのだが、
基本的にネパール語で文書を書けない者が多い。
話し言葉でさえ、民族語、ネパール語、英語、ヒンディ語混じりなのが普通。
中学校卒業試験の結果が圧倒的に私立学校の方が良いので、
有意に差異が表れるかどうか微妙だが、
私立学校の方が、ネパール語で得点が悪いはず。

ネパール私立学校は英語を売りにしているのが、ほとんど。
ネパール語以外のほとんどの科目が英語の教科書だし、
学校によっては完全英語方式で、
英語以外の言語を話すと罰金をする徹底ぶり。
もちろん、中産階級のレベルに合わせて適度の英語、
つまり、指導言語が英語とネパール語の混合形式なり、
教科書だけ英語で完全ネパール語で指導しているところもある。
(私はこの最後の類)

多民族国家ならではの問題や暗記教育も複雑に絡み合い、
ネパール語で文書を書けないネパール人を学校教育が生み出している。
もちろん、これは少数民族だけの問題だけではなく、
ネパール語を母語とする民族の問題でもある。

ネパール語で書けないとは言え、
徹底的に英語方式で教育を受けた者はともかく、
私立学校で教育を受けて英語のネーティブ並みに文書を書けるわけでもない。
それに、ネパール人大勢が英語を十分に理解できるわけでもない。
なので、結局自分が持っている情報・知識を共有するためには
ネパール語を用いるしかないが、十分それを伝えきる「言葉」にできないのは
なんともやりきれない無力感が残る。

教育制度・社会構造の問題なのだが、
これが個人の問題のせいにされるのが、
現在の「自己責任」時代。

とりあえず、「自己責任」だけには終わりたくないので、
やるべきことを最後までやってみたいと思っている。
つまり、苦しみながらも現在ネパール語で記事を書くことを
試みている。
うぅぅ・・・


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。