ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常に埋没した防災
数年以内に大規模の地震がネパールを直撃すると言われている。しかし、人々は近未来に起きるであろうこの大地震についてまったくというほど考えていない。まぁ、「なんとかなるだろう」という程度である。恐らく宗教的な考え方が影響しているかもしれない。「起きるであろうことは阻止できない。」だから、何十万人が亡くなると言われようとも防災準備をしない。行政の問題もあるが、耐震構造を配慮していない建物が増える一方である。目先の利益だけを考え、自然の力を軽視するのは現代人かもしれない。

ネパールに起きるであろう大地震は当事者であろう私たちのお茶の間の一話題しかなっていないのが現状である。行政・政治体制のせいにしてでその話題に決着がつく。
何か変えるには身近なところから。このようなお茶の間の話題で、日本帰国者として私は、防災に心がけるよう呼びかけている。基本的な薬品や何日か分の食糧を安全なところに保管するだけでも多くの命が救われるかもしれない。とりあえず、意識づけ。行動はその後について来る。

定期的に集まるグループで、防災に一定の備えをグループとしてやっていくことを提案をしたところ、全員一致。今後何かの形で、防災準備をしていくことになった。まだ具体的な案は決まっていないが、とりあえずそれぞれで防災のため薬品や日にちの持つ食糧を保管しておくことが決まった。

宗教観・「なんとかなる」という意識があるかも知れないが、防災にかかわっていく「きっかけ」が必要だったのかもしれない。そのような「きっかけ」に私がなれたことは何よりも嬉しい。

最近感じるのは、この国で行政・政治への不審が募り、国民自身がすべきことを模索し始めている。明日震災が起きる際、行政・政治が助けてはくれない。自分や家族を守るのは自分だけ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。