ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残り一か月弱の期限
久しぶりにネパールの政情をまとめてみる。しばらく、マオイストの内紛の影響で政局が膠着状態だったが、マオイストの中央会議で役割分担を終え漸くなにか動きがありそうだ。まぁ、新憲法制定期限まで1か月弱しか残っていない状態なので急ピッチで進めても間に合うのかということは「はてな」だが、期限延長までどうしてもこぎつけなければいけないことを考えて少々期待しても良いと個人的には考えている。恐らく日本で暮らしていたらこんなにポジティブになれないと思うのだが、ネパールに暮らしているとなんだかこれがネパール式で当たり前かのように思えてくるのが恐ろしい。

さて、マオイストの内紛勃発の発端は、今年5月28日に期限延長のために政党間の合意。プラチャンダ党首は和平プロセスを進めるために護衛に使っていたマオイストの人民兵士をキャンプに帰すことを約束。実際に一部を帰したのだが、原理主義者のバイディア派は護衛兵士の帰還を断固反対。この和平プロセスの見解の違いが、マオイスト内部にあったプラチャンダ至上主義を問題にした。従来、イデオロギーが違うとされるバッタライ派とバイディア派がタッグを組み、プラチャンダを完全孤立化させることに成功したのだった。この孤立化の結果なのか、ずっとプラチャンダ議長が避けてきた、バタライ博士を首相候補として出すことを今回は認めている。その他、マオイスト内部の役割分担や現内閣改造でなんとかマオイスト内紛が決着したと言われている。

しかし、問題はマオイストの内紛が決着したからと言って新憲法が制定されるわけではない。むしろ、マオイストの内紛を解決するためにされようとしている内閣改造が新たな火種となる可能性が高い。
いかんせん、現カナル内閣はその代わりの候補を待っている「暫定」政権なのだ。5月28日の期限延長のために政党間の五か条合意では、カナル政権の辞任も含まれている。カナル首相は、前回のネパール首相のように次期首相が決まらないうちに辞職し、首相がなかなか選ばれない事態が生じないように「やめていない」と主張している。
なので、現在のカナル内閣の内閣改造させるのは野党の反感だけを生む。実際、野党のコングレス党はすでに、カナル首相がやめていないことは重大問題であり、数日以内にやめなければ議会妨害に臨むことを宣言している。いうまでもないが、この議会妨害が始まればまた数日が無駄に終わる。

野党にも適切な首相候補がいないことを考えれば、早急にバッタライ博士を首相として全政党参加の合意に基づく政権を発足し、和平プロセス・新憲法制定に臨むべきだが、ネパール式にぎりぎりにならないと動きがないかもしれない。ただ、政局が牛歩だが、確実に進歩している。

また、専門家からは今回のマオイスト内紛でマオイストがより民主的な政党として発展するのではないかという期待も報道されている。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。