ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望と絶望の狭間で
しばらくTwitter/ブログを放置していつも訪問しに来て下さっている方には申し訳ない。無職だが、様々な副職で多忙なため更新できずにいる。ここ最近は父の健康が優れないこともあり、父の仕事を手伝っている。若干、今まで勉強してきたこととまったく違う分野なので戸惑いもあるのだが、様々な面で自信がついた気がする。また、ネパールの可能性についても多く気づかされた気がする。

しかし、それと同時になんとも言えない絶望の空気が流れるのもネパールなのである。政治的によくなっているのか、変な方向へ転がって言っているのかなんとも言えない状況であるが、日常レベルではかなり鬱憤がたまる日々である。基本的な約束も守らない、お金を払ってもサービス提供をしないことについてはこのブログでも書いたが、そのような状況で新たな可能性をどのように活かしていくのかは真剣に考えてみる必要がありそうだ。

とりあえず、来月からはしばらく本業で忙しくなりそうなので、色々書きたいことはまた先になりそう。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。