ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGO事情
仕事に100%打ち込んでいる今日この頃、ふと疑問が浮かぶ。
「自分たちだけがこのプロジェクトを成功させようとしているのか!?」

ネパールでは基本的に国際援助機関が直接現場では働けない。
地元のNGOと協同してプロジェクトをやるのが政府の政策。
特に現場レベルでのプロジェクト実施は現地NGOがやる。
(まぁ、学校を組織とみなし直接介入している国際機関もあるけど、
政府がもう少し厳しく政策実施すればこれらはアウトのはず)

で、これら現地NGOの実態と言えば、前回の投稿でも若干触れたように
まったくの非専門組織。全ての現地NGOはそうでもないが、
教育分野では専門的な組織は数が知れている。
企画から報告まで全てを形式をこちらから提供してもなかなか期限内に
動いてくれないし、言ったことしかやらない。
こちらから提供する情報・形式から学ぶ意欲もないし、
ただ口がデカい。
(まぁ、書きたいことはかなりあるのだが、ただの悪口になってしまうし、
狭いネパールなのでここまでにしときます。)
通りで、ネパールの教育はいつになっても良くならない。

いっそう自分たちでしっかりしたローカルNGOを設立したほうが
様々なことを効果的にできる。
挑戦的なことだが、やってみる価値あると思う今日この頃。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。