ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コネ
コネコネクション・ネットワーク。
ネパールでは、これがなかったら生きていけないように
皆がこの大切さを主張する。
行政がうまく機能していないところで、
人間のつながりは確かに重要だ。

水がない。電話一本で知り合いが「低価格」で水を家まで運んでくれる。
「低価格」というのは、一般の価格と知り合いへの提供価格に
差があるということ。
まぁ、お互いに情報共有し、この「低価格」
そして信頼できる安全な水を「低価格」に入手する合理的な
市場原理が働く。
ある「コネ」で入手したものが、「高い」、「品質が悪い」と
わかれば別の「コネ」で入手する。
水だけではなく、ほとんどの商品がネパールでは
コネがあれば安く入手できる。

役所仕事も同じ。
知り合いがいれば、何時間も待たずに済む。
対応も全然違うのだ。
いくらか無理難題も聞いてくれる。

そして、今私が抱えている求職問題。
如何に、コネがあるか大事。
ほとんどの仕事が内々で決まっているのが現状。
まぁ、ある程度この分野の能力がないとできない仕事なので
枠がかなり限られていること、しかもそれが「できる人」を探すので
コネの方が確実になることも多い。

しかし、10年の日本生活で日本化した感覚で
このコネを使うことはなんだか慣れない。
(まぁ、日本にいた分コネもないけどね。)
しかも、直接の知り合いならともかく、
なんの関係もなく、
「電話してみると良い」と知り合い経由で
○○さんの携帯番号だけ私のメモ帳を埋めていく。
(まだそこまで切羽詰まってないので
電話しないけどね。笑)

でも、思うのだ、
このような「コネ」の乱用が社会全体に悪影響ではないかと。
商品に関しては、明らかに値段差は物価高騰の原因になっている。
役所仕事はもちろんのこと、一部の人々のためになり、
サービスが悪化するばかりではなく、汚職の温床にもなっている。
そして、仕事へ公平的な競争がないことが社会の不平等意識を高めるだけ。
でも、「コネ」を使わずに生きることはネパールでは至難の業。
さて、どうするか?
私にはわからない。

スポンサーサイト

コメント
ダモクレスの剣「コネ」
「コネ」の乱用が社会全体に悪影響を与えている。
商品に関しては、明らかに値段差は物価高騰の原因になっている。
役所仕事はもちろんのこと、一部の人々のためになり、そのために
サービスが悪化するばかりではなく、汚職の温床にもなっている。
そして、仕事へ公平的な競争がないことが社会の不平等意識を高めるだけ。
きっと、その通りなのだと思います。

けれど、ダモクレスの剣「コネ」万能の今のネパールでは、
「コネ」を使わずに生きることは至難の業。
というのも、その通りなのだと思います。

コネを使う者にも使わせる者にもメリットを与える「コネ」は、
習慣性のある飲料や薬のような物という側面ももっているのでしょう。
なぜ、「コネ」という美酒を飲まないのだと言われるわけですね。

鎖つきの恩恵を受けたくないというシャキャさんの発想は、
健全だと思いますが、一方にそれ抜きの処世が通用しにくい現実。

今、目の前にあるパンに手を伸ばすか、地道に畑に種を蒔き、
発芽を期待して待つか。『がんばれ!!シャキャさん』
[2011/06/04 01:12] URL | やかちゃん #- [ 編集 ]

Re: ダモクレスの剣「コネ」
いつもタイトルが勉強になるものばかりですね。笑
「コネ」という美酒は、嫌でも飲まされているのが現状です。
私もちゃっかり使っちゃっています。
まぁ、このコネというのも、地道に耕さなければいけないのは
確かのようです。
[2011/06/08 15:05] URL | dipsky #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/19-1192600f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。