ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑音:祝い音
雑音について昨日書いたが、
ネパールではこのような祝い音がよく聞く。
「このような」と言っても、ここでは音ではなく写真を通して
紹介したい。

これは、男子の通過儀礼と老夫婦の喜寿祝い。

親戚中が喜寿祝いの行列に参加。住んでいる地域を周る。
janku1.jpg

喜寿の老夫婦を神輿に担ぐ。
janku2.jpg

行列は前、後ろには音楽隊。かなり盛大。
janku3.jpg

民族衣装をまとった女性。
janku4.jpg

ついでに、男子の通過儀礼。
janku5.jpg

音楽隊。皆近所の人。たぶん講集団。
janku6.jpg

日本映画Death NoteのTシャツがなぜかネパールでは人気。
janku7.jpg

伝統楽器をたたく男性。
janku8.jpg

神輿に担がれて、幸せそうなお婆さん。
janku9.jpg
スポンサーサイト

コメント
祝い音が聞こえた
 とても雰囲気がよくわかる写真とコメントで、「祝い音が聞こえた」気がしました。

 『ネパールの葬送事情』についてのレポートは、
・・・「ネワール族は宴会で破産する」という諺がある。大げさな例えなのかと思って
いたが、実際ネワール族は、頻繁に宴会を開いては人々と飲み食いを共にする。
中でも、「シ・グティ」と呼ばれる葬儀講を同じくする人々同士はよく集まる。機会と
しては、赤ちゃんの食い初め、成人儀式、結婚式、おじいさん・おばあさんの喜寿
祝い、そして葬式等。その度に、それぞれの家や広場に数十名から数百名が集ま
り、1年の、そして人生の節目を共有する。・・・
 という一文で始まっていますが、シャキャさんの今日のブログは正にそれにピッタリ。

そのレポートには、「屠畜・肉売り業カースト出身の人々による太鼓、被服業カースト
出身の人々による笛の演奏」ということも書かれていたので、写真の人たちは、「近所の
被服業カースト出身、屠畜・肉売り業カースト出身」の 人たちなのだろうなと想像しな
がら、にぎやかな楽隊の音が聞こえてくるような気がした訳です。

楽しい、祝い音の紹介。ありがとうございます。
[2011/06/07 03:21] URL | やかちゃん #- [ 編集 ]

祝い音が聞こえた2
今、【ネパールの諺】に興味をもっています。

シャキャさんの
『ツィッターのまとめのブログ』にあった、【ネパールの諺】
土曜の別れと火曜の出会い(再会)は発熱か腹痛を引き起こす
のような諺とその意味やそれにまつわる話を、また、ぜひ紹介
してください。
[2011/06/07 03:44] URL | やかちゃん #- [ 編集 ]

Re: 祝い音が聞こえた
「ネワール族は宴会で破産する」という諺の続きがあります。
「バフン族は娯楽で破産する」というのです。
実際はどうかわかりませんが、確かにネワール族は圧倒的に祭りが多い民族です。

> 「屠畜・肉売り業カースト出身の人々による太鼓、被服業カースト出身の人々による笛の演奏」
このような話は、もう昔話または村の話だと思います。
最近の都心部では、被服業カースト出身を探して伝統的な役割をはたしてもらうのは困難になってきています。
カースト制度が無くなりつつある証拠です。
まぁ、実際に差別はあるのは事実ですが。。。
[2011/06/08 15:12] URL | dipsky #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/21-aaf5d673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。