ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望
ネパールは現在多くの問題に取り囲まれている。
政局の不安定を筆頭に、
エネルギー問題、
保健医療問題、
雇用問題・・・
問題がない分野がないのではないかというほど
問題山積の状況である。

しかし、問題があるからこそ改善の余地がある。
前回の日記にも書いたように、
帰国にあたってネパールの様々な問題に取り組んでいる
人々の活動に刺激を受けた。

帰国してわずか10日間だが、
ネパールをより良くしたい、
ネパールが抱えている様々な問題を
少しでも解決したいという
様々な方(国籍に関係なく)に会うことができた。
もちろん、これからも会っていく予定だ。

教育界でも教育での不平等、教育の質、
教育へのアクセスの問題など
問題山積だが、それらを如何に改善していくかを
考えている人々も少ないない。
そのうちの一人で、
某小中学校(こちらは大きい学校は一般的に小中一貫)
の校長先生に会うことができた。
勉強熱心な先生で国内・海外の研究に関しても精通していた。
おかげで、国際機関や国内の教育機関からも
引っ張り凧。
現在のネパールの教育界は、
年配の偉い先生方が、
新米の少数の研究者しかいないようで、
ちゃんと仕事ができる人材があまりいないとおっしゃっていた。
そのような人材を育てようとしても頭脳流出で無くなっているともおっしゃっていた。
ネパールではできることはたくさんあると
私を励ましてくれた。

翌日には、朝6時に電話をして某教育雑誌の副編集長まで紹介してくれた。
ちょうど年間号を集めていた教育雑誌だったので、
年間号を買いに行くついでに、
アポなしで会ってきた。
意外と若い方(40代)で勉強熱心な方だった。
「教育学」をバックグラウンドにしていない方なのだが、
本当によく勉強されている感じだったし、
ネパールの教育界を改善していきたいという意欲で溢れていた。

ネパール教育界の今後の展開が改めて楽しみに感じた数日である。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/03 14:53] | # [ 編集 ]


アクティブに人に会ってるね。こっちまでネパールの未来は明るい気がして来たわ。適当コメントかな?GWに行って来た宮城のボランティアサイトにも逞しい老若男女が沢山いたわー
[2011/05/05 20:11] URL | IIJM #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
日本は大変な時期だけど、回復をするために頑張っている、そして回復を願っている数多くの人がいるからそのうちに良い方向へ進むことを信じているよー。
[2011/05/09 01:10] URL | ディプ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/4-adf893dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。