ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日ネ教員交流ツアー
今年も日ネ教員交流ツアーが大成功に終わった。私がネパールに帰ってきたので、毎年持続させていけるかどうか疑問だったが、どうやら参加者の皆さんにとってやりがいのある企画にできたみたいで、来年度は今年参加したメンバーが日本での準備を進めて下さるとのこと。なんとも心強い!参加して下さる日ネの教員にとって、やりがいのある企画と感じるので是非今後とも続けていきたい。

去年・今年と、思ってた以上にこの企画のやりがいを感じる。とにかく企画を実施するネパールの学校の教員がやる気になってくれること。今年は私立一校と公立二校でプログラムを実施したのだが、公立二校とも今回の交流を活かして教育の質向上に努めることを約してくれた。また、頑張っている教員を力づけするためにも今回のプログラムはよかったのではないかと思う。教室での実践を褒めるという習慣はなかなかないネパールなのだから。
一応企画者なので無報酬だが、私にとってはこのプログラムを通して同じ志を持っている方々と出会えることが多くプライスレスな機会となっている。今回も学校の先生方ではなく、ネパールの教育の質向上のために頑張っている若い大学教授に出会えて新たな可能性がみえてきた。

それだけではなく日本の教員にも学び多き企画という心強い感想を頂いた。面白いことに、日本もネパールも教育現場では同じ問題に直面している。文化によってその対応が違っており、基本的に子どもはどこも一緒である。ぜひ、ネパールでの実践を日本の教育現場にも生かして欲しいものだ。
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます。
メールが届いていたようで安心しました。今回のことでつながりが少しずつできたということでそれだけで成功ですね!!!いい経験本当にありがとうございました★
[2011/08/27 08:41] URL | okamoto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/43-c884a968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。