ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジティブ
時間の有効活用のためいろいろ始めている。先週から趣味のデジカメの基礎コースに行きはじめた。なかなか面白く、しかも熱心な先生方(若い世代でSNSでかなり人気を始めている組織)で本来の2時間の講座が余裕で3時間超える。7回の講座のうち4回終わって、一眼レフのマニュアル操作ができるようになってきた。しかし、まだまだ「写真」の奥が深い。残り3回でどんなことが学べるか楽しみ。
夕方の仏教コースが徐々にコースに入ってきているのだが、ネパール流に時間割通りに始まらないことには苦笑いしかできない状況。内容は面白いので別に時間割通りにならないことは大目にみるしかない。笑
こんなわけでブログやツイッターはあまり更新できずにいる。まぁ、仕事でいろいろやっているのもあるのだが。。。さらに、ようやく仕事らしい仕事(?)が決まったので、また具体的なことが決まったら報告する。

ネパール政治の方はなんだか、最近の兆候としてはかなりポジティブではないかと感じる。新聞で以前のようなネガティブなニュースよりも野党からの支持的(?)な声明がよく載っているし、バッタライ首相を褒め称える記事が多い気がする。もちろん、不安材料も存在する。マオイスト内の原理主義者は和平プロセスで人民軍駐屯地の武器庫のカギを政府に引き渡した(一部)ことに協力的ではない。それでも今回の政権で和平プロセスを終わらせる勢いがあるのは確かだ。

以上、私個人の近況を含め、ちょっとした政情。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/46-7473dfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。