ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「明日」は来ない
帰国して半年が経過。正規の仕事がみつからず、色々やっているのだがやはり日本の感覚が抜けずにいる。というのは、日本ではお金を払えばサービスが得られるということが「保障」されていたし、お金のやりとりがなくても期日が守られるという前提で物事が進んでいる。

しかし、ネパールではこのように「当たり前」と思うようなことが当たり前ではない。あることを確認するためにある人を毎日のように電話しているのだが、「明日」と言われ続け一週間が経過。毎日電話をし、その「明日」の言い訳、「忘れた」「忙しい」「まだ仲間と話せてない」などなどを聞いて、毎日電話をかけているこっちの方が恥ずかしい。ここでは書けないが、お互い利益になるようなことなのだが、なんでここまで時間をかけているのか理解不能。別に、一人でできないようなことでもないが、相互向上の精神はネパールでは不要らしい。

上記はまだ金銭のやりとり以前の信頼関係の問題だが、金銭のやり取りがある時のほうがもっと腹立たしい。というのは、金銭を払って「良い」商品・サービスが得られるというのは夢のまた夢かも!結構な金額を払っても、やってくれる仕事が超テキトウ!「職人」には「専門職」の自覚がない。無駄なプライドだけが高い。だからネパールでは良い商品・サービスが得られないのは「顧客」の「検品」・「管理」が不足という感覚があるのかもしれない。先日、大工さんにいくつかの商品をつくってもらったのだが、サイズがめちゃくちゃだし、色塗りも一回しかされているので疎ら。しかも、こちらは商品の代価を滞らせちゃいけないという感覚でだいたいのお金を商品をちゃんと検品せずに先払い。。。そうしたら残りの商品がなかなか届かない。大工さんも祭だの、忙しいだので一か月近く商品のデリバリーせず。もうしょうがないので、自分たちでバイクでデッカイ荷物を運ぶ始末。

マジメな人には厳しいネパール社会である。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/10/26 07:06] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/52-5bce581b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。