ネパールde浦島太郎
10年半の日本生活を終え、帰国した(元)留学生の記録。
プロフィール

dipsky

Author:dipsky
10年半の日本生活を終え、
ネパールに戻って参りました
シャキャ・ディプです。
専門は教育社会学ですが、ここでは
日々のネパールでの奮闘を記録しています。

Email: dipskyjp@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

アクセス数

ご訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールの公立学校の質
仕事をはじめて(今年2月)からずっと取り込んでいた学力調査の結果がようやく出た。先行研究や20人ぐらいの予備調査で予想をしていたのだが、ネパールの公立学校の質の低さが明らかになった。ネパールと言ってもプロジェクト地域、西ネパールの二郡三村落開発委員会(VDC)だけなので一般化はできない。ただ、全国的な先行研究の結果から見れば一般化しても差し支えないとも思う。

調査人数:2888人
調査方法:第一学年のカリキュラム(ネパール語・算数)に基づき、第2学年と3学年の児童を相手に「自宅訪問」調査(ちなみに、予備調査を私自身が行ったのだが、外部の者に対して子どもたちが警戒したり、恥ずかしがってベストの状態で調査実施できないことが判明したので、本調査では23名の現地若者を雇用して実施。また第一学年を基礎としたのは第一学年は土台であり、児童が第一学年で取得すべき読み書き計算の基礎をなしに、上の学年にはついていけない。)

結果;
・第二学年の児童が第一学年のカリキュラムの平均18.24%(ネパール語)と28.95%(算数)しか理解していない。もう少し具体的に書くと、ネパール語子音を全部読めたのは7.79%、母音となればさらに減って2.92%、マトラ(子音を母音にする記号)はわずか0.89%、合成文字1.22%、二・三行のパラグラフを全部読めたのは1.54%。
算数に関しては、数字を認識してネパール語にかけるのは1.62%、ネパール語から数字に書けるのは2.84%。興味深いのはネパール数字を英数字にできるのが24.41%もいた。単純な足し算をできたのは7.14%、引き算は6%。掛け算をできたのはわずか2.27%。

・第三学年の児童が第一学年のカリキュラムの平均35.4%(ネパール語)と43.32%(算数)しか理解していない。もう少し具体的に、ネパール語の子音を全部読めたのは19.94%、母音は7.09%、マトラ6.36%、合成文字6.43%、パラグラフは7.52%。
算数では、数字をネパール語に書けるのは7.23%、ネパール語を数字に書けるのは5.33%、ネパール数字を英数字に変えられるのは44.12%、足し算できるのは18.19%、引き算は14.61%、掛け算は10.66%。

この結果からわかるように調査された公立学校の児童の大多数は何も学習せず学年を上昇している。というのも、ネパールは日本のように自動進級制度を導入しており、留年する学生を少なくしている(自動進級制度なのにどうしてもダメな児童を留年しているという矛盾)。第一学年で習得しておくべき、読み書き計算をできずに第二・第三学年またその後になってもそのフォローがない。結果、そのような児童はずっと読み書き計算の能力が低いままということである。実際、雇用した現地若者にもそのような低学力問題がみられた。もう一つは、基礎的な読み書き計算ができなければ児童にとって学校は苦痛の場であり、子どもは学校を去っていく(中退)。

算数でもネパール語が関わってきており、ネパール語と数字の変換できなくても足し算・引き算をできるのは少し多いよう。というのもプロジェクト地域では人口の大部分がタル民族でネパール語を母語としない。ネパール語での学習には困難がありそう(このことに関する統計分析はこれから)。言語関連で言えば、面白いのは英数字の認識度が高いことが興味深い。つまり、母語に重点をおかず、公立学校・コミュニティが英数字・英語に重点を置いているというのがわかる。

この結果を導いているのは家族、教員、学校などの統合的な要因であるが、統計的に何か言えるようにするのが今後の予定。これにもう少し時間かかりそうだが、今後はこの調査を全国的に公開してネパールの公教育の質について警鐘をならしていく。

いかんせん、こんな現状であるのに現場の教員、学校、I/NGOスタッフ、役員などの暢気さには呆れている。

スポンサーサイト

コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/11/22 00:32] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/02/25 21:18] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/03/04 16:44] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/07/18 18:32] | # [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/08/13 07:55] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nepaltaro.blog101.fc2.com/tb.php/58-d70ea4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ネパールの公立学校の】

仕事をはじめて(今年2月)からずっと取り込んでいた学力調査の結果がようやく出た。先行研究や20人ぐ
[2012/10/28 17:46] まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。